中古パソコンを人に譲ってWinWinな取引をしよう

中古パソコンは、安く購入することができるというのはもちろんメリットなのですが、逆に売る、譲るという意味でも非常に便利なものなのです。今回は、買う側ではなく売る側としての中古パソコンの使い道をお教えしましょう。

■知り合いに譲る場合
中古パソコンは、もちろん下取りをしてもらうこともできるのですが例えば使わなくなった古いパソコンなどを知り合いに譲るということもあるでしょう。無料ではなく、お店に売るよりは高くしかしお店で買うよりは安い値段で知人などに譲ってあげる、ということができるのも中古パソコンのいいところです。

お店を間に通さなければ、当然その分のお金がかからなくなりますので個人で取引をしたほうが、実はお互いにお得になるという特性があるんですね。

■初心者には特におすすめ
特に、知人がパソコン初心者の場合は中古パソコンがおすすめです。いきなり新品だと気後れしてしまいますし、何より新品のパソコンを万が一マシントラブルなどで壊してしまった場合は落ち込み方もかなり激しくなってしまいますからね。しかし、中古パソコンならば気兼ねなく利用することができます。

パソコン初心者は、特にパソコンに慣れるためにはどんどん使っていくというのが一番いいことなので中古パソコンを譲ってあげるというのが一番お互いにいい選択だと言えるでしょう。

■まとめ
パソコンは、特に新しいモデルにどんどん買いかえる人にとっては前に使っていたパソコンは邪魔になります。しかも、パソコンは実は家電リサイクル法で個人で廃棄することができず、物によっては廃棄にお金がかかる場合があるんです。そうなるくらいなら、知人に安く譲ってあげたほうが面倒がないし懐にも優しいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ